西大和を選ぶからと言って、英語の習得が弱くなることはありません。特に語彙は「英検対策」、読解力は日本国内私立校が活用する先進的な教科書で、英語で考える力は「イマージョンクラス」で、会話力・英文学はELDクラスで学力を伸ばし、現地校に行くよりも力がつきます。
「ペラペラに話せるようになる」という意味は、例えばネイティブのようなアクセントで、友達と流暢に話せるようになることを意味すると仮定します。西大和で英語を学習する場合、「アクセント」は綺麗に習得できることが多いですが、「流暢に会話ができるか」という点では、現地校とは違います。この部分は「英語を使用する地域のクラブなどに積極的に入りましょう」という方針をお伝えしております。
  • 現地校では確かに授業料はかかりませんが、本校のような日本人学校に通われる場合は、ご両親の勤務先より教育費援助が支給される場合もあります
  • 現地校に行っても日系の学習塾に行くことになるのであれば、日本よりも高額である場合が多いです。
  • 現地校の私立小学校・中学校に行く場合には、授業料は西大和学園よりもはるかに高額です。
  • 本校では日本の教育課程に沿った学習をしており、また掃除なども含めて日本の学校と同じ生活をしますので、日本に帰国してもほとんど違和感ありません。
  • 事情に明るい教員の指導により、日本から直接現地校に入るよりもスムーズに転入ができます。
  • 日本の公立学校に転校する際でも、本校の学校記録書式は日本の書式を使用しておりますので、国内で転校するのと同じ手続きとなります。
  • 現地校に転校する際でも、英文での成績証明・在籍証明を発行できますので、スムーズに転校できます。
  • 日米以外の国に転校する際にも、本校の証明書類を使用することにより、スムーズに転校できます。
帰国子女枠には統一された定義はなく、帰国子女枠を設定している学校により、条件が違います。「日本人学校に行っていたから帰国子女枠には該当しない」とする学校は存在するようですが、過去の実績からはほぼすべて「帰国生」として受検をしています(公立校は相談が必要です)。
現時点では本校にはPTAやボランティアは、ほぼありません。しかしながら、保護者と学校の間に距離があるわけではありません。保護者の皆様は毎日の送り迎えのために学校を2―3往復されますので、毎日の学校への出入りや教員・保護者間のコミュニケーションは、日本の学校以上に豊かです。
  • 中学部では進学準備をしっかりしていきますが、それぞれの子どもの学力に応じた対処をする点は、奈良の西大和学園と違います。小学部低学年に関しては、英語以外の教科では先取りなどを敢えて行わず、どの時期に転入・転出をしてもスムーズに転校できるように、一般的な公立校の進度に合わせて学習しております。
  • 小学部高学年では、中学入試・中学進学の準備として放課後に補習授業を行っております(希望制)。
本校は、米国西海岸で唯一の日本人学校(私立在外教育施設)ですので、この地域に住まわれる皆様のお子様をできるだけ受け入れるべきかと考えております。しかしながら、1学年1学級の小さな規模ですので、積極的に特別な支援や設備が必要な児童を受け入れる体制が整っているわけではありません。入学試験や面接で不合格になることもありますので、事前に成績表の提出をお願いしております。
原則的にはいつでも転入できますが、運動会・学園祭などの大きな行事の直前の編入などは、ご相談の上、時期をずらせていただくことがあります。
月・水・金に、日系のお弁当屋さんが、注文した子どもだけを対象にお弁当を運んで来てくれます(注文は月に1回学校を通して)。注文する日、弁当のサイズを選択することも可能です。
現時点では、保護者または保護者代理に送迎をお願いしております。
補習に時間を費やしており、帰りの時刻は5時、6時となりますので、放課後の部活はありません。特別活動、つまり1週間から2週間ごとに行われるクラブ活動はあります。

※ご不明の点がありましたら、本校事務局まで メール または電話(310-325-7040)で、ご遠慮なくお問い合わせください。