2014年度改革 グローバル教育―「伝統の日本の教育」と「先進のバイリンガル教育」

これまでに実践してきた伝統的日本の教育は継続しながら、先進的バイリンガル教育とリーダーシップを育成する教育を2014年度より段階的に導入します。NACにしかできない最高の教育を子どもたちにお届けします。

NACイマ―ジョン

実技教科のようにデモンストレーションや目で見て学ぶ機会が多い教科を英語で学ぶことは、特に米国の滞在が3~5年の子供たちに理論上効果的です。NACの教育はバイリンガル育成という言語教育を超え、国際的に活躍するプロフェッショナリズムを子供たちに伝えます。

音楽 ~世界の音楽をバイリンガルで~

音楽を通して文化の違いを学び、英語がもつ音声・リズムの特徴や言葉の豊かさを理解し、自分の気持ちを効果的に伝える力を育てます。低学年は英語80%で3年生以上は英語100%で学びます。米国文化が学べる歌を合唱し、帰国支援のために、鍵盤ハーモニカやリコーダー合奏も学習します。日米ヨーロッパで教育を受け、音楽を博士課程で追及している教員と「音楽を通して自分を表現する」ことを学び、伸び伸びと大勢の前で英語を活用します。

図画工作・美術 ~大学の授業を教室に~

図画工作・美術を通して文化の違いを学び、手順を追って英語による指示を理解し、作品にこめた自分の考え・意図・気持ちを単語や文章で伝える力を育てます。低学年は英語80%で図画工作の基本を、3年生以上はUCLAで教鞭をとっていた教員から英語100%で本格的な米国アートを学びます。「自分の気持ちを創造的に表現する」ことを体験します。また、5年生以上は自分の作品をまとめたBESTWORK PORTFOLIOを作成します。

家庭科 ~英語でグループ実習を~

食や手芸を通して文化の違いを学び、手順を追って指示を理解し、友達と英語で円滑にコミュニケーションをとりながら、グループ実習ができる力を育てます。本校のELD/ELA (English Language Development /Art)の教員と、アメリカンやメキシカンなどのカリフォルニアの食文化や栄養素などの学習を、わかりやすく英語100%で学習します。日本の教科書に英語で素早く書き込んだり、英語で実習したり「英語をとことん使う」授業です。5 年生~8年生は活動をまとめたBESTWORK PORTFOLIOを作成します。

技術科 ~英語で発信デジタルポートフォリオ~

グローバル社会に不可欠な「情報リテラシー」を3年間、日本の技術の特徴である「木工・エネルギー」などを年度ごとに英語50%で学びます。美術・家庭科で作成したBESTWORK PORTFOLIOを英語のデジタルポートフォリオに作りあげる「英語で発信する」授業です。

英語力検定 (実用英語検定・LAS)

帰国受験、人事評価に欠かせない英検に全校で取り組みます。英語力を定期的に試験することはイマージョン教育の成果を分析し、よりよいカリキュラムにしていくためにも大切なツールです。また、従来通り現地校でも活用されているLAS(Language Assessment Scales/McGraw-Hills )も実施します。

ボキャブラリー対策

継続が大切なボキャブラリー学習は、毎朝10分行います。1~4年生までは、手作り感あふれる英検対応単語カードでゲームを交えて学習します。5年生以上は本やタブレットを活用して楽しく学びます。

リスニング対策

金曜日にタブレットを用いて、受験する級のリスニング演習を行います。ELD/ELAのネイティブ教師が指導するので、英検のみならず現地校のEnglish Proficiency Testの力も自然に育成されます。

ライティング対策

中学部英語科では、Emailの書き方などの実用的なライティング指導をします。日本語で考え英語で書く生徒、英語で考え表現する生徒など、多様な各生徒のニーズに沿った学習を可能にします。

各学年の目標級

1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年
児童英検GOLD 4・5級 3・準2級 2級 準1級

グローバルリーダー養成講座

小学部の子供たちがカリフォルニアのクラブ・ボランティア活動に積極的に参加できるように、各種団体と連携して情報提供をします。また、高学年以上は南カリフォルニアの豊かな外部人材と連携してセミナーを開催し、リーダーシップについて学習します。2015年度以降はこれらの活動や講座での体験を文章やスピーチに表現する活動へと発展させていきます。

1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年
地域で学ぶトライヤル講座 グローバルリーダー養成講座
絵日記レポート 日記レポート スピーチ プレゼン・ディベート

2014年度イマージョンの特徴

育成する力

Following Directions Cultural Understanding
Active Participation Contextual Feeling
Expression Note Taking
Cooperative Work Rhythmic Patterns など

*Teaching Assistant