学校新聞 浪漫飛行11月号

 

子供たちの知性を刺激する

 

西大和学園カリフォルニア校

平日校校長 小倉佳恵

 運動会の練習に費やしていたエネルギーを、その翌週から早速、他の活動や学習に向けた力に変えていくことができる子供たちを見ていると、その柔軟性と逞しさに驚かされます。英語活動を取り入れたハロウィーンパレード、パネルディスカッションで意見交換する奈良西大和学園との交流、パナソニック教育財団のスピーチコンテスト、オープンハウスに向けた授業の開始と、10月下旬も様々な活動が子供たちの知性を刺激しています。 教科書を用いて学習する主要教科の他に、総合的な力を育成する学習には、生活科や総合的な学習、そして道徳などがあります。近年はこの分野に、グローバル人材の育成を目指した教育も加えられてきました。このような教科書の枠を超えた学習を行っていく際は、教師の力量が重要になってまいります。先生自身に「教育への使命感、創造力、企画力」が備わっていないと、創り出せない分野です。

 この点、本校は大変恵まれています。学年を超えた先生方の連携がよく、新たなハロウィーンパレードを計画したいと小学部の担当者から提案があれば、中学部英語科が協力した学習がすぐに計画されます。また、毎年10月に渡米してくる奈良の西大和学園の生徒たちをも級友と捉えて学習を計画することで、高度な言語活動であるパネルディスカッションも実現可能です。さらに、一人の先生が総合的な力を育成する学習をはじめると、それを機に様々な学年、学科で創造的な企画が始まる、この非常に建設的な教員間の関係が、NACの教育の特徴です。

 先日、メールで学園ブログ開設のお知らせをいたしましたが、是非本校の教員が創造する教育をご覧いただければと思います。そしてご家庭では、今日はどのような学習が楽しかったのか話題にしてみてください。今後も、すべての学習の基盤である「子供たちの興味やチャレンジする気持ち」をご家庭で共有していただければと思います。


 

2015年度 小中学部 運動会

小学校運動会

今年も晴天の下、小中学部運動会が行われました。今年は例年にない猛暑となり、子どもたちは熱中症に気遣いながらの運動会となりました。それでも、子どもたちは時に助け合い、時に励まし合いながら、自分たち自身で思い出に残る運動会を作り上げることができました。

 1・2年生の団体演技「OBAKE大作戦!」では、ダンスのイメージに合った衣装を着て演技をしました。ダンスの練習をすればするほど上手になっていく1・2年生でしたので、当日も安心して見ることができました。練習を積み上げた成果を発揮することができた演技でした。

 3・4年生の団体演技「“Grease”ダンス」では、映画“Grease”に登場するロックンロールの曲に合わせて演技をしました。アメリカの文化を体で感じながら躍動する3・4年生を見ていると、改めてイマージョン教育が良い方向に進んでいると感じられました。

 5・6年生の団体演技は、伝統のソーラン「西大和侍」。合言葉は『気合い』。気持ちを合わせることです。今年もソーランによってみんなが一つになることを意識しました。急なプログラム変更にもかかわらず、今年も演技を立派にやり遂げました。

 中学部の団体演技「演舞エイサー」では、練習の成果を十分に発揮することが出来ました。太鼓を叩きながら躍動する姿と息の合った掛け声から、心の結び付きが演舞の成功につながったのだと感じています。

 応援合戦は、紅白の団長の思いが非常によく出た仕上がりでした。

紅組は団長の友清達啓君、白組は団長の羽田渉真君を中心に、1年生から9年生までの一人一人が、それぞれの役割をしっかりと理解して行動をすることができました。運動会当日は、1年生から9年生までが“一枚岩”となった素晴らしい応援とダンスでした。

 紅白ともに、今年も中学部を中心とした団員が、責任を持って取り組むことができました。西大和の伝統である「自分たちで作る、自分たちの運動会」を今年も受け継いでくれたことを非常にうれしく思います。勝敗にこだわることなく、『自分に克つ』ことができた運動会。この経験を生かして、今後の学校生活も突き進んでほしいと思います。

 最後になりましたが、運動会を行うにあたり、準備から当日設営・撤収まで、温かく見守りご協力いただきました保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

 

 

 


 

2015年度 幼稚園 運動会

 10月17日(土)、第5回幼稚園運動会が行われました。この日に向けて、毎日練習を積み重ねてきた子ども達、きっとドキドキして本番に臨んだことでしょう。ひまわり組の代表3名による選手宣誓を皮切りに、多くの競技が温かい声援を受けて行われました。「いちについて、よーい どん!」学園長先生の合図とともに、ゴールに向かって最後まで走った徒競走、走り終わった子も「がんばれー!」と大きな声で応援していました。ひよこ組のかわいいロックンローラーたち、ちょうちょ1組2組のちびっこ忍者たち、色とりどりのボールが空に舞ったパラバルーン、ひまわり組の手作り縄飛びを使った組体操、最後の難しい「ショートケーキ」も見事に成功しました。親子競技では、ひときわ嬉しそうに参加する子どもたちの表情が印象的でした。クラスのお友だちと共に協力しながら、ひとつひとつの競技や演技に取り組む姿からは普段より一段と成長した姿が見られました。運動会後には、「楽しかったね。また運動会したいね!」と言う声がたくさん聞こえました。運動会の練習、本番を通して、精神面・肉体面の両方ともとても成長したことだと思います。これからの園生活がより一層楽しみです。

 IMG_3178

 

最後になりましたが、当日まで一緒に子ども達の気持ちを盛り上げて下さって、本当にありがとうございました。

IMG_3243

 

もしこの記事がお役にたったようでしたら、隣の♡をクリックしてください、ありがとうございました。  3